観た聴いた」カテゴリーアーカイブ

観た聴いた。人生の糧。

Bootsy-Collins-Boot-Legged

Bootsy Collins – Boot Legged (2008)

Bootsy-Collins-Boot-Legged

Bootsy-Collins-Boot-Legged

Spotifyにオススメされた Bootsy Collins先生のアルバムです。いろんなソロアルバムからの曲のオリジナルを壊さないような別Remix集といった感じ。

“What’s Bootsy Doin” “Blasters Of The Universe” “Fresh Outta ‘P’ University” なんかのアルバムからの選曲がいい感じです。アルバムタイトル曲では無く、見逃しがちな渋いミディアムテンポが多くて嬉しい限りです。ゴリゴリのFUNK一辺倒では無く、長く聞き続けることができそうです。

要注意なのは 曲名がオリジナルから変わってること。タイトルリストだけ眺めていても 曲を聴かなければ別Remixだと気付きません。

発表から12年前後寝かせてから聴くなんて Bootsy先生に大失礼ですが、今回もニタニタしながら聴いてますよ。オススメです。

Chaka Khan, El DeBarge & More Join DJ Cassidy As They Perform Classics! | DJ Cassidy’s Pass the Mic

DJ Cassidy’s Pass The Mic: BET Soul Train Edition

Chaka Khan, El DeBarge & More Join DJ Cassidy As They Perform Classics! | DJ Cassidy’s Pass the Mic

Chaka Khan, El DeBarge & More Join DJ Cassidy As They Perform Classics! | DJ Cassidy’s Pass the Mic

「DJ Cassidy’s Pass the Mic」の新作です。”BET☆ SOULTRAIN Edition” だそうです。日付は 2020/12/01 になってました。
時間は短め(約20min)だけど、出演者が凄い!! 完全に高校生に戻った自分が居ました。選曲が少しPop寄りだった印象で、尚更 大ヒット曲が目白押しです。Soul/R&B に詳しくなくても 全曲 絶対どこかで聞いたことあると思いますよ。

ところが後半には LEGEND達 いや 神々が続きます! 恐れ多くてその名を口にすることも憚られますが、錚々たる顔ぶれです! 神々が動いています、歌っています。涙して御参拝ください。しかし Chaka Khanは全く老けない、お美しい。。生存確認できた方もいらっしゃって胸をなでおろしました。しかもラストは。。


#PassTheMic #SoulTrainAwards #SOULTRAIN

SHAFT(2019)

SHAFT(2019)

SHAFT(2019)

SHAFT(2019)

いわゆるブラックムービーの先駆けとなった「黒いジャガー」。サミュエル・L・ジャクソン主演 ジョン・シングルトン監督 でブラックムービーの第二波の中心となった「SHAFT(2000)」。そしてこの「SHAFT(2019)」は SHAFT(2000) の続編だそうです。設定が少し変更になってますが、親子3代のSHAFTさんが弱きを助け強きを挫く、これはスリル満点のコメディーです。

黒いジャガーからの信者としては、ハードボイルドのカリスマが笑いのネタにされ 少し癪に障るかなーっと思いましたが、このシリーズを観てたのもあり とっても笑える映画でした。結論、許す! うん、これは観たほうが良い! 出来れば前作を観てからね。

SHAFT(2000)

SHAFT(2000)

凄く軽い “笑うとこ” の連続で始まったと思いきや一転してシリアスな雰囲気に。でも JJ(John Shaft Jr.)君はなんか笑えるのよ、親子のやり取りが現代っ子丸出しでね。

でも話の筋はしっかりしてるので飽きませんでしたよ。スピード感もなかなか。

これシリーズ化しないかな。親子のスタイルのギャップが最高でした。あとポリコレなんかへの風刺とかもピリッと。

サントラも良質です。Spotifyでも聞けますよ。懐かしい曲もたっぷりです。

黒いジャガー

黒いジャガー

ジョン・シングルトン監督が若くして亡くなって約一年半と聞きます。惜しい人を亡くしたものです。ご冥福をお祈りします。

JUICE

JUICE (1992)

JUICE

JUICE

青春時代に観た映画。公開後少し経って VHSでレンタルで観たが、それ以来。ようやく BD/DVD になりました。

“ALL EYEZ ON ME”でも出てた、2PACの「これ、絶対に彼の地じゃない?」ってくらいの鬼気迫る 例のシーンを始め、見どころが沢山の”バイブル”的映画がようやく庶民の間にも降りてきてくれました。長かった。。

発売開始日にTSUTAYAのレンタルに行くも入荷なしでガッカリ。販売もゼロ。”ALL EYEZ ON ME”は10本くらいあったような記憶があるが。すかさず楽天Booksで購入。今日着でした。

思い入れが強すぎて、語り始めると止まら無さそうなので、また別の機会に。まあ、一言。「観てね」っと。
観たい方がいれば、是非お声がけを。ちなみに1層でした。画質は良くないね、DVDでも良かったカモね。

SOUNDTRACK のCDは2種類(EXPLICIT版-赤字でJUICE、CLEAN版-緑字でJUICE)あって、CLEAN版はジャケ写真の銃が黒塗りされてたってご存知? こちらのジャケ写真と比べてみて。(FYI)

BrianCulbertson - XX

Brian Culbertson – XX

BrianCulbertson - XX

BrianCulbertson – XX

本日発売の Brian Culbertson の通算20枚目の記念アルバム「XX」、早速ダウンロード販売でゲットです!
“若きピアニスト”がもう20枚目だって! 思えば遠くに来たもんだ。。

先行リリースの「1.Get Up!」でも、ジャケットの通りで その派手さ加減がバシバシ伝わってきてましたが、アルバム通してもそんな感じ。BCは FUNKY路線と しっとりJAZZ路線を交互にリリースしてますが、前作「Winter Stories」が超しっとり系のアコースティックだったので、予想通り今回はメチャメチャ FUNKYです。

ゲストも凄いよ! Soul/R&B系は、私がお父様と崇める Bootsy Collins 他、Ray Parker Jr.、Avery*Sunshine、Jubu Smith (MazeのGuitarだそうです)、Noel Gourdinなど。Jazz/Fusionのボーダーレス界隈からは Marcus Anderson(Sax)、Everette Harp(Sax)、Patches Stewart(Trumpet) とか。

通して聴いてみると、本当に BC のこれまでの集大成! という感じです。どうぞお試し下さい!
ちなみに Spotify の USアカウントでは聴けますが、JPアカウントでは聴けませんでした。(2020/04/10現在)

Get Up! feat. Mr. Talkbox & Marcus Anderson
Dance Like This feat. Bootsy Collins
The Hangout feat. Ray Parker Jr.
Prelude to More Than Thankful
More Than Thankful feat. Avery*Sunshine
It’s A Love Thing
Time Flies
Sexy Love feat. Jubu Smith from Maze
Keep Movin’ feat. Everette Harp
The Truth feat. Noel Gourdin
Intro to Looking Back
Looking Back feat. Patches Stewart