white pumiceous fried rice

男もすなる「シラスチャーハン」といふものを。。

white pumiceous fried rice

white pumiceous fried rice

男もすなる「シラスチャーハン」といふものを、女もしてみむとて、するなり。

世に「シラスチャーハン」というものがあると知って、テキトーに想像で作って食べました。これ旨い!

溶いた玉子に買ってきたシラス二分の一と調味料をドバドバ、ライスも入れて混ぜ合わせ、フライパンで炒める。出来上がったら残りのシラスを盛って小葱を振りかける。以上。

別にチャーハンにしなくてもシラスだけご飯に掛けて食べても美味しいんだと思いうけど、やってみただけです。”中華あじ”使うとなんでもそれらしく仕上がりますね。手放せません。今回はふっくら仕上がったし欲求も叶えられたのでバッチリでした。リピはありそうですよー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください