青森怪談弘前乃怪

青森怪談 弘前乃怪

青森怪談弘前乃怪

青森怪談弘前乃怪

最近 Heritageなものに惹かれてますが、先々月末発売になったこの本を読んでみました。ちょっと前に夕方のローカルニュースで取り上げられてたので気になってたのですが図書館にも無く諦めていたら、先日たまたま再度図書館のwebで検索したらヒットし 予約待ちも0人だったので。(買えよ)

この本の詳細は書影クリックでAmazonのページに飛びます。(https://hanaharu.atnifty.com/ のみ対応)

実話とか言ってますが そこはあまり関心がなく、身近なところでの物語が読みたかっただけなのですが、結論から言うと 怖かった! 引き込まれました。読書ってイイですね!

短編集になってまして、それぞれ2~4ページで終わる話が続きます。最初の2~3話読んで「こりゃ外れだわ。明日返却しよー」とか思ったのですが、後に進めば進むほどに怖さのレベルが右肩上がりに加速度的に増して行きます。薄目の文庫本なんですが2時間で読み切りました。そんだけ引き込まれたって意味です。

あー、久しぶりに本読んだらカラダがカユイわ。(風呂入れよ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください