Brian Culbertson – Winter Stories

荷着です。8月に予告があり Pre-Order していたこのアルバム、本国での発売日に遅れることたった1日で我が家まで届きましたよ。

もう冬の準備かと思わせるアルバムタイトルですが、例年だとスタッドレスタイヤに交換の予定を組んだりする頃ですから なかなかナイスなタイミングかと。

我らが “BC” もう説明は要らないと思います。去年 “Colors Of Love” がリリースされ、速攻でライブアルバム “Colors of Love Tour” & 同DVD のリリースと、稼ぎまくってますね。

前作 “Colors Of Love” ではクラウドファンディング形式での発売で、おまけにハイレゾ音源での提供や 直筆サイン入りの CD など楽しい内容だったのですが、今回はごく普通に。もしかしてクラウドファンディングは儲からなかった?

ノリノリの FUNK アルバムと Smooth Jazz アルバムを交互にリリースする BC ですが、このアルバムは「しっとりと Smooth Jazz」の路線でした。Vocalも無し。両方の曲調でファンを揺動する BC ってやはり凄いわ。

まだまだ聴き込みが甘々なので詳細レビューでは無く”感想”のレベルですが、今回もとっても良い感じです。雰囲気は下記 YouTUBE のプロモーションを見ていただければ。暖炉の前で家族と過ごす冬の夜。ハウス北海道シチューって感じ。集中聴き込み期間が終わって印象が変わったら、続報しますね。

いい曲聞きながら、良いお年を。って感じで年越しまで行きそうです。イリノイの年越しって、一体どんなだろうかしら? 教えて池上彰さん。🎷🎹🎺

そう言えば、ムスメがしっとりしたピアノを気に入ったようだったので、USBメモリに “Colors Of Love” を入れて ムスメに貸してあげたのはどうなったことだろう?

Sitting By The Fire
Montana Skies
Morning Walk
Flurries
City Sleigh Ride
Waltz For M
Island Dream
Northern Lights
Frosted Window
Starry Night

シングル第一弾の “1. Sitting By The Fire” が公開されてます。YouTUBEのサイトでの視聴しか認められていないようなので、YouTUBEに移動して試聴してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください