Alexander O’Neal – Hearsay(1987)

アルバム「Alexander O’Neal(1985)」が あまりにも気持ちよかったので、急いで次作もオークションで落札。生涯でイチバンの名作と名高い “Hearsay(1987)” です。

’80 年代バリバリ風の作りで、曲間に配置された多数の interlude を含めてアルバム1枚で1つのストーリーになってるようですが、英語のお喋りが私には分かりません。(^^;;

でも音は “Jam & Lewis” の Tabu Record の音で間違いありません。この時代、最強ですね。輝いてます!

この CD のように、名作を中古で数百円で買い集めるのは楽しいですね。中学~高校 時代に欲しかった CD を、オトナのお小遣いで買う、非常に感慨深い趣味だわ。ww

高校生になったムスメは、この手の曲を(例えば送り迎えのクルマの中で聞いて) どう思ってるんだろう? いい曲を聞くと人生豊かになるよ、きっと。

Intro
(What Can I Say) To Make You Love Me
Intro
Hearsay
Intro
The Lovers
Intro
Fake
Intro
Criticize
Intro
Never Knew Love Like This
Interlude
Sunshine
Crying Overtime
Intro
When The Party's Over

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください