Maxwell’s Urban Hang Suite

冒険して買ってみました。路線が自分に合うかどうか分かりませんが 61円だったので。

Maxwell で聞いたことあるのは、”2. Welcome” “3. Sumthin’ Sumthin'” “4. Ascension (Don’t Ever Wonder)” と、あと “Lifetime” “Fortunate” 辺りだったのですが、またまた Amazon.co.jp におすすめされちゃったので、どうせならメジャーデビューアルバムのコレを買ってみました。1996年発表だそうです。

ざっと聴いたところ、「んー、Urban ってこんな感じ? ならばわしは田舎っ子だしな」みたいな感じでした。(^^;; でもきっとそのうち耳に馴染んで来れば、良くなってくるんだろうと思います。人生投げないで、聴き込みたいと思います。評価が変わったら追記します。

1つだけ面食らったのは “11. The Suite Theme” が 13分超の長尺かと思いきや、曲中に約 5分の無音を挟んでるってことでした。どうも BGM で聞いてるとガクッと来るので、xrecode3 を駆使して無音部分を削除しましたよ。(^^;;

The Urban Theme
Welcome
Sumthin' Sumthin'
Ascension (Don't Ever Wonder)
Dancewitme
...Til The Cops Come Knockin'
Whenever Wherever Whatever
Lonely's The Only Company (I&II)
Reunion
Suitelady (The Proposal Jam)
The Suite Theme

このアルバムの美味しいところをつなげた動画がありましたので、参考まで。

Maxwell’s Urban Hang Suite

情報源: Amazon | Maxwell’s Urban Hang Suite | Maxwell | ブラックコンテンポラリー | 音楽 通販

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください