Tower Of Power : Very Best of Tower of Power: The Warner Years

20年以上前 P-FUNKが再ブームになった頃に、年の離れたJAZZ畑の職場先輩に「FUNKと言えば『Tower Of Power』だろ」と言われるも、そのまま放置してたのですが、Amazonの送料無料条件に合わせるために、あとAmazonのRECOMMENDに出て来たので購入しました。購入金額は送料込で 992円でした。

Tower Of Powerで聞いたことがある曲は、『Tony! Toni! Tone!』の ”Oakland Stroke”のベースとなった曲 1曲だったんですが、原曲聞いてもピンと来なくて 見送ってました。

しかし ”Average White Band”の曲でググッと来るものがあったので、似たような位置付けの FUNK/R&B バンドの Tower Of Powerも、このお試しセット(Warner時代のベスト)で味見してみようと思った次第です。

でもね、今の時代お試しだけだったら YouTubeだけで充分じゃないかと思われるかも知れないのですが、最近 MP3と CD音源の差について悩んでる事があり、CDの購入に踏み切りました。ハイレゾまでは必要無いけど CD音質くらいは確保しときたいなと。

さて、ようやくアルバムの印象になりますが、一言で言うと 全曲を通してホーンが気持ちいいです。(そんなことも知らずに Tower Of Power買ったのかと笑われそうですが。)

「あー、これが先輩の言ってた FUNKか。」と思いました。

ラッキーなことに 知ってる曲が1曲入ってました。「You Got To Funkifize」です。Brian Culbertson の Bringing Back The Funk に入ってたカバーの原曲らしいです。

このアルバムもヘビロになりそうです。本当に送料合わせの軽い気持ちで買ったのに得した気分です。

[Very Best of Tower of Power: The Warner Years] Tower Of Power – CD・レコードの購入はオンライン通販アマゾン公式サイトで。お急ぎ便ご利用で当日・翌日にお届け。

情報源: Amazon.co.jp: Tower Of Power : Very Best of Tower of Power: The Warner Years – ミュージック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください