月別アーカイブ: 2019年11月

今日も元気に、運動中? 喧嘩中?

我が家の長男&次男君たち。(クサガメのワイルド君&フォーマル君)
部屋で放し飼いなので冬眠はしませんが、冬場はやはり基礎代謝が落ちるようで食事の量も運動量も落ちます。毎日のように戦ってる彼らですが、仲が良いのか悪いのか。。

間取図は当然アタマに入ってるようで、就寝時は大好きな 居間のテレビの裏のケーブルスパゲッティの中や 熱帯魚水槽の下の電源ケーブルぐちゃぐちゃの中に居ても、朝にはお風呂の自分の部屋に帰ってます。そしてお母さんが起きる頃には、エサが欲しくてお台所の床をウロウロしてます。

みんな大集合!

さてクイズです! (小西ひろゆき風に) この人達の正体は いったい何でしょう?

答えは本家 ( http://hanaharu.atnifty.com ) で、この写真をクリックで分かりますよ。

手持ち在庫が無くなったのと、システムバックアップのレスキューディスクとして買い増ししました。あとは可愛かったので家族のみんなにも1個ずつ行き渡るように。

一人だけ(二人か。)毛色の違う方もいらっしゃいますが、まあ仲間に入れてあげましょう。

容量の違いで値段は まちまち ですが、低容量のもので1個100円前後、高容量のもので1個500円前後。このセラーは送料は別途計算の方式だったので、複数買うと送料がオマケになったりでした。

実は1個不良品(認識しない)があったのですが、相談の結果、そのアイテムについては返金処置となりました。大変信頼できるセラーさんです。

しかし、今どき StarWars や SpongeBob のキャラクターグッズを未承認で売る国と言えば、もうあそこしか無いわけですが、トランプさんの耳に入り、新たな貿易戦争が勃発しないことを祈るばかりです。(笑)

WH-1000XM3君のイヤーパッド交換の巻

4月の誕生日に自分でプレゼントした「SONY WH-1000XM3」君ですが、ほぼ毎晩”寝ホン”として使用し始め、半年以上経過しました。ろくに手入れもしないで、さぞかし汚れているだろうなーと思いきや、意外と まあまあ大丈夫でした。

しかし半年も経てば自分で気付かなくてもオヤジ臭がねぇ、おそらく。

よって AliExpressで買い置きしてあった交換用イヤパッドに交換です。思い立ったが吉日!

準備したのは、ヘッドホン本体、交換用イヤーパッド、やわらかい”ヘラ”のようなもの (←今回は自動車用の”内張り剥がし”があったので利用)
交換前のイヤーパッドが ちょっと油ギッシュに光ってますね。。コワ。

買い置きしてたのは”Poyatu”というブランド名がついてます。たしかヘッドホンケースもこのブランド持ってたような。でも大事なのは「どのセラーで買っても、おそらく一緒のもの」ということですね。ならば 納期さえ許せば 最安のセラーから買いましょう。購入時は 500円程度だったと思います。(SONYに依頼すると 10,000円前後掛かるらしいですよ!)

開封して悟ったのですが、やはり”左右”の区別はありませんでした。オリジナル品は左右の区別がありましたが、パッドの左右で形状の違いがあるかは不明です。おそらく音質にまで影響する違いは無いのでは? と弁護しときます。

さて、イヤーパッド交換の肝はここになります。この1撃が全てです。自信が無ければ YouTUBE に沢山 動画がありましたので(英語ですが) 1本見ておくと安心です。と言って責任回避。とは言え「JBL E55BT」をぶっ壊しちゃった張本人としては、何度も見直して頭の中でリハーサルしましたよ。(涙)

ヘッドホン本体とイヤーパッドは クリップ6ヶ所で止まっています。横の向きのクリップが作業が楽です。内側からピンの位置を探して押さえ、お布団を手繰り寄せて、外側からヘラを当てて 軽くゆっくりと押す。これで外れます。かる~く穿る感じ。力は必要ないですよ。

1本外れたら、あとは指でゆっくりと円周をなぞると、力を掛けなくても自然に順番にクリップは外れていきます。そう、緊張するのは最初の1本だけです。

外れたら、こんな感じでした。中にもう1枚フィルターみたいのがあります。これも交換です。交換用キットはコレの含まれたものを買うといいと思います。
ちなみにこれは右側。下側に光るものは、充電用のソケット(USB Type-C)に”マグネット充電ケーブル”の端子を挿しっぱなしにしてるものです。

そいつも剥がしたら、こんな感じ。
左右の区別の話に戻ると、純正品は クリップの他に数カ所にピンがあります。これで左右を分けていますが、それ以上の理由は分かりません。

全て外し終わって、並べてみたの図。右が右 左が左 上が純正品 下が交換品。サイズ感が違うのは 遠近法のせいです。内側のフィルターみたいやつもヘタってますね。なんかこの辺まで作業が進むと、もう古いのは捨てようと。もし具合が良ければ洗濯してまた使えるかな?? とも考えてたのですが、キッパリと諦めました。それに伴い また次の買い置き分も事前に注文しました。最安値品では無く、試しにちょっと高めの価格帯のものを買ってみます。 (とは言え 2000円前後 汗)

さて、あとはペキペキとイヤーパッドを嵌め込んで行くだけです。実に簡単。でも ここで注目して欲しいのは、本体(カップ)に比べ イヤーパッドが若干小さめってことです。イヤーパッドの下側が少し足りないような気がします。いろんなレビューをななめ読みした時に こんな話も見かけたのですが、「だって安いんだからいいじゃん」程度にしか思っていません。私はね。もしかして WH-1000XM2 等にも使える汎用品だからってのもあるのかな?? まあ良いでは無いか。

左右とも交換作業を終え、その辺にあった使い捨ておしぼりで軽く全体を拭き上げてみました。合皮の表面仕上げは 純正品より好きな感じかも。

この後 スマートフォンアプリから「ノイズキャンセリングの最適化」(イヤーカップ内の音場を気圧や音の反響を元に最適化するって感じかなー) を行って全て完了。

試聴結果も問題なし! と言うか、問題を発見できるほどの耳じゃ無いので。オホホホーーー!
作業場所のお掃除もね! ご覧いただきありがとうございました。

ELECOM M-LS16DLBK君こんにちは。(5ボタン 高速スクロール Lサイズ)🐹🐹

マウス探求の旅 第二弾。国内で「高速スクロール」という機能名でアピールしているのは Logicool(機能名:Hyper-fast scroll) とエレコムだけだってことが分かってきましたので、エレコム製マウスも一丁買ってみました。

このマウスは ボタン数 や 大きさ を選べるようなので「5ボタン、Lサイズ」で。3年以上前の製品らしいので安かったんで。よし、当たって砕けろー!

結果、玉砕。煮え切らず。以下詳細。

簡単にLogicool m705rとの比較を中心にレビューを。

(1)小さい Lサイズを選んだのに小さいです。私の手は決して大きくは無くむしろ小さめで、テニスラケットのグリップも “2” ですが小さい。ほとんど指でつまんでる感じで、パームで包み込むイメージは無いです。

(2)進む/戻るボタンが後ろ過ぎ 親指で押す 進む/戻る ボタンの位置が後ろ過ぎて、かなり指を丸めないと届かない。あるいは一旦マウスから手を離さないといけない。ちょっとつらい。

(3)滑りすぎ 表面が全体的にツルツルの 素材/仕上げ のため(乾燥肌なせいもあって)滑る。いざ力を入れると、スッポ抜ける感じ。これは頂けないな。ディンプルも無い。

(4)軽すぎ じっくり握って考えるタイプのマウスでは無いようだ。反応は悪くないけど。重りを入れたり貼ったり出来るスペースも無いので、こういうものとして慣れるしかないのかなー。。

悪いことばかりじゃありません。高速スクロールは Logi のものと一緒で、まさに「理想郷」の域です。ここ大事!

似た者同士のマウス3連発です。皆さん よーく似てますねー。左が Logicool m705r 真ん中が ELECOM M-LS16DLBK 右が チャイナ。

いまのところ親(m705r)を超えるヤツは出てきません。BM308 も M-LS16DLBK も「帯に短し 襷に長し」状態。

トラックボールまで手を出すか? いやー、費用的にキツイっす。
でも、理想のマウスを追って、この旅は続きそう。。最後のフロンティアへ。そして神話へ。『No Man Has Gone Before.. 』🐹🐹

先月の #ふぁーむ太田 さんの作品、#オホーツク222 です。#たまスラ が多いのは、いちばん旨味を実感出来るから。直球勝負が美味いよー!

先月の #ふぁーむ太田 さんの作品、#オホーツク222 です。#たまスラ が多いのは、いちばん旨味を実感出来るから。直球勝負が美味いよー!